ライン引き直しの際に、既存ラインの消去は必要なのか

2019/12/19 ブログ

最近駐車場ラインの引き直しの際に、消去についてたくさんのご質問を頂きました。
今日は2つの質問に回答させて頂きます。


質問1:消えかけたラインを引き直すには既存ラインを消去する必要はありますか?
回答1:既存ラインの上からの引き直しでしたら、消去は不要です。

 

説明1:
駐車場ラインは基本幅150㎜の白線か黄色線になります。
その中でもシングルラインとダブルラインの違いがございますが、
原則は既存ラインの上になぞるようなイメージですので、
新設の線が既存の線とほぼ重ねた施工が想定できます。
線と線が重ねたことにより、既存のラインを隠すことができ、
消去の必要がなくなります。

(引き直し例)


これと逆に、駐車スペースの方向を変えたり、全体レイアウトを変えるの場合、
新設のラインが既存のラインとクロスして、二つ重ねた長方形に見えてしまい、
駐車される方には「どっちに止めたらいいの?」との疑問が生じてしまい。
この場合はラインの消去をおすすめします。

(ライン消去お勧め例)


質問2:消去とはどのような方法がありますでしょうか。
回答2:削り取り式と黒ペンキ塗りの2種類があります。


 

説明2:
「削り取り式」は名前通りに、機械を使って地面(下地)を削ることによって、
既存のラインを消去することです。

メリット:
①綺麗に仕上げられる
②完全に削り取ったので、耐久性が良い

デメリット:
①手間がかかる
②施工完了後暫く薄い後が残る。※時間経つことによって完全に消えることもあります

(削り取り式イメージ)



「黒ペンキ塗り」とは、黒いペンキで既存のラインを隠すことです。
 メリット:削り取りよりは安価
デメリット:時間が経てばたつほど黒ペンキが落ち、
      既存のラインがまた正面に出てくることがあります。

(黒ペンキ塗りイメージ)


最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。
白線のことなら、どんな質問でもお気軽にお聞きください。



E-mail:info@haku-sen.jp
フリーダイヤル:0800-800-8985